2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて彼女に出会った日

kage

2013/01/20 (Sun)

私がLaを妊娠中は、はっきり言って出産を少しなめてかかっていたように思う。
多くの人が同じ道を通ってきたのだから、、という考えで怖いとか不安というものはあまり感じていなかった。
(子育てに関してや、父親のことではもちろん不安はあったのですが、、、)

ところが、我慢や辛いことに人一番弱い私、、、陣痛が始まるとすっかり弱気に、、、。

ロンドンでの出産だったのですが、病院に電話すると、、、
「陣痛の感覚が2、3分になったら病院にいらっしゃい」とのこと。
実際よくは覚えてないのだが、2、3分だったか1分だったか、、、とにかく相当感覚が短くなるまで自宅待機、、
と。

痛みと辛さと不安でたまらず病院に電話。
「そんなに辛いなら1度いらっしゃい」

私はその言葉を待っていた!とばかりに子供の父親(Daddy)と友人2人と車で病院へ。
(友人2人はDaddyが仕事でいない時のことも考え、日中からそのまま泊まっていてくれた)

病院に着き、助産婦さんに見てもらうと「まだね」という感じで家へ帰された。
日本の病院ならまずありえないのでは、、、。
イギリスは出産後も平均1日で退院という国。

家へ帰り、少し落ち着いて友人も家へ帰り、あまりに眠れていなかったのでソファで仮眠して(ほとんど眠れていないが、、)、目覚めて起き上がったところ、、、、!!!!!

破水!!

さすがに病院にまた戻り、ベッドが1つあいていたので入院することに。
しかし、まだ産むまでには準備が出来ておらず次の日まで様子をみることに。
Daddyは自宅に帰され、その直後、、今まで経験したことのない激痛が、、、、。
内蔵をぐるぐる腰の奥で萎縮している痛みというか何というか、、、。

声にも出る痛みで同室の人にも申し訳ないし、我慢の限界もきていた。
自分の中では産まれる!って感じだったのに、ナースが確かめるとまだまだね、、、という感じ。
結局苦痛に絶えられず無痛分娩に、、(へたれです)
でも約2日間の陣痛とマックスの痛みも長時間耐えた後で、、(言い訳)

無痛に切り替えた後は余裕ができたのですが、病院に着いたのが10月30日pm7:00頃で、Daddyの立ち会いの中産まれたのは10月31日am5:45ころ。

最後はお腹の中で胎盤が外れるというアクシデントつきで、鉗子の助けを借りて出産。
Laは元気よく産まれて大きな声で泣いて私の胸にきてくれました。

全ての処置が終わって、さぁLに初めてのお乳をあげましょう、、と起き上がったその時、、大量の血液を失った私は起き上がれず、そのままベッドに倒れて少し意識がもうろうとしていました。
Daddyが名前をよんでいたけど、何の反応も出来ず、、、。

結局は輸血3パック、血液をつくる?薬も3週間飲むはめに、、。
そして、2日間は歩く事も禁止、全てベッドの上で隣にLがいてLのお世話を、、、。
日本なら最低1週間は入院だよね、普通分娩で。

と、まぁ、Mummyは大変な初の入院生活だったのですが、Lはいたって元気で産まれてくれました。
正直、私は元々子供好きとかの方ではない、、というか、どう扱ったらいいのかわからないので苦手だったのですが、Lに出会ってからは子供がかわいくて仕方ない!

昨日までいなかったのに、もうそこにLの存在があると、Lなしは考えられない!というふうになりました。
いやぁ、本当に子供ってすごいね。

そして、私の出産に係ってくれた素晴らしい友人達に本当に感謝です。
出産前、出産後と毎日誰かは訪ねてくれて私達親子を助けてくれて、励ましてくれて私達親子は幸せ者です。

Laはすくすくと元気すぎるくらい元気に育ってますよー。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

kage

懐かしい話。やっぱり文章にしてみると、実感がでるね。今度は写真付きの記事、まってますー。これからもママさんがんばって!!

Posted at 23:27:53 2013/01/20 by Hannah

この記事へのコメント

kage

*Hannahさん*

そうなんです。懐かしいけど少しうろ覚えです、、。
写真も是非載せていきたいと思います。
ママさん、お互い頑張りましょう。

Posted at 12:54:10 2013/01/21 by Ron

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。